旭川医科大学

旭川医科大学の偏差値状況

旭川医科大学の偏差値は64程度の水準となっています。この偏差値は、国立大学の医学部としては少し低いランクの偏差値となっています。

 

しかし、医師国家試験の成績は概ね良好となっています。

 

その要因は、所在地の緑が丘は小中高大・専門学校・看護学校と教育機関が集中しているという、勉学に励むのに良い立地条件にあるのではないかと言われています。


旭川医科大学の特徴

旭川医科大学,偏差値,入試,合格発表

旭川医科大学は、北海道旭川市緑が丘東2条1丁目1-1に本部を置く日本の国立大学となっています。1973年に設置されてから旭医(きょくい)という略称で非常に親しまれている大学です。

 

旭川医科大学は、医師不足や無医村解消を目的とする新設医科大学の一つとして創設が計画されました。当初、立地場所には釧路市と旭川市で誘致争いになりましたが、最終的には旭川市に設立されることになりました。

 

現在では、サークル活動も人気が高く、水泳部やアイスホッケー部なども活動しています。また、旭川医科大の合格発表は、ホームページでも見る事ができます。

 

授業は一貫のカリキュラム

旭川医科大学のカリキュラムは、「教養」「専門」が一貫したカリキュラムになっており、必須科目が多い事が特徴となっています。1年の授業から大学病院など臨床関係の人が講義に入るというカリキュラムになっています。これは、筑波大学を参考にしている部分が多いと言われています。

 

さらに旭川医科大学は国内で睡眠障害の研究を行っている数少ない大学のひとつとしても有名な大学となっています。今年も多くの学生が受験する事は間違いないでしょう。


スポンサード リンク