獨協医科大学 偏差値

獨協医科大学の偏差値状況

獨協医科大学大学の近況の偏差値は、偏差値56程度と医学部の中では低い受験レベルになっています。

 

医学部の偏差値は、非常に高いというイメージがありますが、私立大学の医学部の偏差値にはばらつきがあり、各大学とも偏差値を少しでも上げようと努力を図っているようです。獨協医科大学もその一つの大学と言えるかもしれません。


獨協医科大の変化

そこで、もっと優秀な学生を獲得したいということで、いろいろな策を考えているようです。

 

それは、獨協大学との合併という案です。これが繰り返し論議されているのは、獨協大学と合併して獨協大学医学部になれば、学費を下げることが可能になりますし、偏差値が上がり優秀な学生を獲得出来るという利点があるからです。

 

ですから逆を言えば、どうしても医学部に入りたい学生は、敷居が低いうちに、過去問が有効なうちに獨協医科大学に入りたいと思うかもしれません。

 

ちなみに、今年度の入試の獨協医科大の合格発表は、2/17となっています。

獨協大学の特徴

獨協医科大学,偏差値,過去問,合格発表

獨協医科大学は、栃木県下都賀郡壬生町北小林880に本部を置く日本の私立大学ですが、1973年に設置された比較的新しい大学です。略称としては、獨協医大と呼ばれる事が多い大学です。

 

獨協医科大学としての歴史は浅いですが、大元となっている学校法人獨協学園の獨協大学は非常に長い歴史を持っている大学です。

 

獨協大学の基本理念は、6つあります。 最初に上げられている基本理念は、教育とは「学生本人の力をひき出し、育む」ことが本意であり、医学を修得するのは学生自身であることを十分認識させ、主体的な学習能力を養うというものです。

 

さらに次は、医師であると同時に、社会人として心身ともに健康でバランスのとれた人格形成を目指すというものです。ということで、体の健康のためにサークル活動も活発で、アイスホッケー部なんかの部活動もあります。


スポンサード リンク