医科大学 学費

医科大の学費の違い

不況、不況と騒がれている中、職を失う人も本当に多いですね。これだけ就職難だったり、リストラが相次ぐと手に職を持っておきたいと思う人が増えています。さらに、子供には辛い思いをしてほしくないと思うのが、親の普通の感情です。それで、小さい頃から、スパルタに教育をして、将来医者にならせようとする親はたくさんいます

 

昔からそうですが、将来も医者は基本的に不足していますし、高齢化社会になる以上需要がなくなるという事はまずありえないでしょう。

 

しかし、医者になるには、医科大学に入らなければなりません。医科大学は、非常に学費が高い事で有名です。

 

国立大の医科大が人気な理由

医者になるには、6年間の学費もかかりますし、そして、そのための生活費などもかかってきます。それで、国立大学の医科大学は、比較的学費が安いということです大人気となっています。

 

大人気ということは、それにともなって倍率が高く、偏差値も必然的に高くなるので受験に合格するらめには非常に高い学力が求められてきます。そのため、かなり前もって受験の準備を始めないと医科大学への入学は困難になるでしょう。

 

医科大学の学費(国公立大VS私立大)

国公立大学と、私立大学の医科大学の学費の違いはどれくらいあるのでしょうか?

 

文部科学省の学習費調査によると、医科大学を留年せず6年で卒業できた場合、両者の学費は、国公立大学では平均で約350万円、私立大学で約2240万円となっています。

 

この差はすごいですね。七倍近くの差が出てきます。国公立の医科大学のレベルが上がるのも無理はないといえるでしょう。医者一人誕生するまでには、本当に多くの学費が必要だということです。

スポンサード リンク