浜松医科大学 偏差値

浜松医科大学の偏差値状況

浜松医科大学の近況の偏差値は、偏差値64程度と医科大学の中では中堅の受験レベルになっています。

 

国公立大学の医学部よりは易しく、医科大のカテゴリーでは標準的な受験レベルになっています。


浜松医科大の特徴

浜松医科大学,偏差値,自閉症,浜松医科大学 偏差値

浜松医科大学は、静岡県浜松市東区半田山1-20-1に本部を置く国立大学です。1974年に設置され、浜医大、浜医などという略称で親しまれています。

 

また、サークル活動もバトミントンや水泳部などが活発に活動しています。

 

浜松医科大学はかつて大きなニュースに

この浜松医科大学は、設立される時に大きな話題となりました。それは、本来は静岡大学医学部として静岡市に建設される計画だったはずが、当時の県知事竹山祐太郎氏が県議会決定を無視し、独断で浜松市への設置手続きを行ったことから浜松医科大学として発足することになったという異例の事態がおきました。

 

ちなみに、この一件が発端で県中部、県東部の自民党県会議員が竹山知事および浜松医大設置を承認した国に対し反発し、集団離党するという事もおきて大きなニュースとなりました。

 

しかし、浜松医科大学は現在でも多くの研究で世の中へ貢献しています。例えば併設している子どものこころ発達研究センターは、自閉症の子供たちの治療にとても大きな貢献をしています。

 

さらに、浜松医科大学光量子医学研究センターには、動物用のPET/SPECT/CT装置が置かれていて注目を集めている大学施設となっています。

 

浜松医科大受験生へのアドバイス

医療は、どんどん進歩していますが、その進歩を支えているのが医科大学に併設されている大学病院の研究です。それぞれの大学、大学病院がそれぞれの特徴を出して、日々医療の進歩を支えているのです。浜松医科大学も医療の大学に貢献している大学の一つです。

スポンサード リンク