医科大 偏差値

医科大の偏差値状況

医科大学,偏差値,医科大,ランキング,受験

医者になるには、頭がよくないといけません。とにもかくにもまずは医学部に入って六年間勉強しなければなりません。医科大などの偏差値は非常に高いです。

 

特に、国公立の医科大学はかなりの勉強量がないと入る事ができない偏差値レベルになっています。国公立の医科大の偏差値を調べてみると、偏差値70前後の難関大学が多いのが特徴的です。

 

医科大の驚異的な偏差値レベル

例えば、防衛医科大学や、関西医科大学、自治医科大学などは、偏差値70が求められてきます。このレベルですと学部によっては東大よりも高い学力が求められてきます。

 

また、国公立は授業料が安いので入学希望者が殺到して自然と偏差値レベルが上がっていくのが現状のようです。

 

合格しやすい狙い目の医科大学とは?

国公立でも少し低い偏差値ランクの医科大学もあります。旭川医科大学や、福島県立医科大学などの偏差値は65前後となっていますから、少し入りやすい偏差値レベルになってくるでしょう。

 

しかし、首都圏にある医学部や医科大に比べて、地方の医学部や医科大を卒業すると、医者になってからの出世に響くという現状もあるようです。やはり、東京や大阪などの大都市に近いところの大学出身者の方が医者になってからの高い立場を得やすいという事だそうです。

 

もちろん、医者になって人の命を救う事ができればそれでいいという気持で望んでいる学生にとっては、卒業後の地位など関係ないでしょうから、自分の偏差値レベルにあった大学を選ぶ事ができます。

 

また、授業料を払う事ができる家庭であれば、私立の医科大を目指せば、国公立よりも偏差値が低いところも見つかります。そういった意味では、難関な国立医科大よりも私立の医科大の方が狙い目といえそうです。


スポンサード リンク