福島県立医科大学 偏差値

福島県立医科大学の偏差値状況

福島県立医科大学の近況の偏差値は、偏差値68程度と医科大学の中でも難易度の高い上位の受験難易度となっています。

 

これは、国公立大学の医学部の中でも高いレベルの偏差値であり、かなり難易度の高い受験レベルなので合格難易度の高さは目立ちます。


福島県立医科大学の特徴

福島県立医科大学,偏差値,入試,合格発表

福島県立医科大学は、福島県福島市光が丘にある公立大学で、1950年に設置された歴史のある大学です。福島県立医科大学の歴史をたどっていくと、戦時中に設立された「福島県立女子医学専門学校」にまでたどりつきます。

 

この当時、福島県では、人口1万人あたりの医師数も4名と医師不足が深刻でそれを補うために、福島県立女子医学専門学校が設立されたようです。

 

東北初のドクターヘリを自主運用

福島県立医科大学となった現在でも、福島県の医療に大きな貢献をして進化し続けています。1998年からは、それまでの附属看護学校解消して看護学部が設置されています。このようにして単科医科大学が看護学部を設置する日本初の試みを行なったのが、福島県立医科大学なのです。

 

さらに、2002年からは大学院看護学研究科が合わせて新設されました。いつも新たな試みを行なっています。また東北初のドクターヘリ自主運用を開始するなど、医師不足が深刻化しているなかで大きな貢献をしている大学です。

 

福島県立医科大受験生へのアドバイス

歴史のある福島県立医科大学ですから、入学希望の学生も多く、入試時期になると多くの学生が入学を目指して勉強しています。

 

今年度の合格発表は2/10となっています。福島県立医科大学は、水泳部をはじめサークル活動も活発ですから、楽しいキャンパスライフを送る事ができるようです。


スポンサード リンク