岩手医科大学 偏差値

岩手医科大学の偏差値状況

岩手医科大学、通称岩手医大の医学部は56程度の偏差値レベルになっています。

 

国公立の医学部ではこのような低めの偏差値水準は少ないので、偏差値レベルとしては狙い目の医科大学といえるでしょう。


岩手医科大学の特徴

岩手医科大学,偏差値,岩手医大,合格発表

岩手医科大学は、岩手県盛岡市にある私立大学です。そして、岩手医大は歴史の深い大学で、1901年に私立岩手医学校として創設されています。そして、特徴となっているのが、医師・歯学・薬学全ての学部を備えているという事です。2007年の薬学部増設により、医歯薬3学部をすべて有することになりました。

 

先ほど説明したように、偏差値水準は高くないので、学費を払う事ができれば、岩手医科大学を目指す学生も多い事でしょう。今年の岩手医科大学の二次試験の合格発表は、2月6日となっています。今年も医師の卵たちが生まれるわけです。

 

岩手医科大学の医学部の教育目標は、

  1. 教育・診療・研究において、主導的役割を担う豊かな人間性を備えた人材を養成する
  2. 人としての教養を高め、医師としての十分な知識と技能を修得させ、発展を続ける医学に対応する生涯学習のための自己啓発能力を涵養する

という二つの目標となっています。

 

歯学部の教育目標 豊かな教養と人間性を涵養し、全人的医療を実践し、歯科医学、歯科医療ならびに口腔保健の進歩発展に寄与することのできる人材を養成するという事が目標です。
薬学部の教育目標 医療薬学と創薬を中心とした先端的研究と教育を展開し、豊かな人間性を備え、広い視野から問題発見と解決をする能力を持ち、実践を重視した専門的知識と技能・態度を修得した人材を養成するという教育目標を掲げています。

 

岩手医科大受験生へのアドバイス

医療は昔から人々が救いを求める分野ですから、医師は多くの人の注目を集める仕事となります。医師となる人は、各分野の専門家と連携をとる能力ももとめられてきます。それを、医師を育てる時点から教育して、連携能力を高めようとする大学もあります。岩手医科大学はその大学の一つと言われています。

スポンサード リンク