自治医科大学 偏差値

自治医科大学の偏差値状況

自治医科大学は、人気の大学で倍率が高く合格が難しくなっています。自治医科大学の近況の偏差値は67程度の偏差値レベルになっています。私立大で67の偏差値クラスですので受験レベルとして難関私大といえます。

 

実際の自治医科大学の入試では、各都道府県の合格枠がありますから、その中での戦いになってきます。ちなみに基本的に各都道府県の合格枠は二名から三名という厳しい枠となっています。


自治医科大学の攻略

自治医科大学,偏差値,入試,医学部,倍率,合格

医師になるには、非常にお金がかかるというのは、多くの人が知っている事実です。実際に私立大学の医学部を卒業するには、平均でも2000万円以上の学費が必要になると言われています。

 

そんななか、条件を満たせば、事実上学費が免除になる医学部があります。それが、自治医科大学です。

 

自治医科大学は、栃木県下野市薬師寺3311-1に本部を置く日本の私立大学で、1972年に設置された比較的新しい大学です。大学の略称は自治医大となっています。

 

人気の自治医科大の特徴

自治医科大学は、僻地医療、地域医療の充実を目的に、各都道府県が協力して作った大学です。大学の運営には各都道府県の負担金や、「全国モーターボート競走施行者協議会」による競艇収益金の寄附金などが、あてられています。

 

卒業後は採用枠都道府県の規定によって、公立病院を中心に9年間地域医療に従事することが求められています。その条件を満たした場合、在学中は貸与という形になっていた学費が免除される事になります。しかし、四年半は僻地の病院での勤務が求められます。

 

自治医科大学は、医学部だけではなく、看護学部も2002年より開設されていますが、医学部のような特別な入試方法ではなく、通常の入試選抜方法をとっています。

スポンサード リンク