金沢医科大学 偏差値

金沢医科大学の偏差値状況

金沢医科大学の近況の偏差値は、偏差値57程度と医科大学の中ではかなり易しい受験難易度となっています。

 

金沢医科大は偏差値レベルから判断すると、なんとしてでも医科大に合格したい方には、おすすめの受験レベルといえます。

 

国公立大学との偏差値やレベルの差が目立っています。その分、お金の面での競争が厳しいといえます。


金沢医科大学の特徴

金沢医科大学,偏差値,金沢医科大,部,学費

金沢医科大学は、石川県河北郡内灘町大学1-1にある日本の私立大学です。金沢医科大学は、1972年に設置されてから、金医(かない)という略称や俗称の内灘(うちなだ)という名で親しまれてきました。ちなみに、金沢医科大学は、日本海側唯一の私立医科大学となっています。

 

金沢医科大学は、当初は歯学部の設置も予定されていたのですが、医学部医学科のみの単科大学として設立されました。その後2007年度より附属看護専門学校を昇格させ、看護学部看護学科が設立され、医学部と看護学部を持つ大学となりました。

 

金沢医科大学の学費は、3900万円程度となっています。私立大学の医学部の平均は2400万円前後と言われていますから、3900万円というのは高い方の学費となってきます。

 

偏差値は、57と医学部としては低位の入りやすい偏差値レベルですから、ある程度裕福な家庭の学生達が集まってくる大学ということになります。また、学生の部活動は活発で、水泳部やバレー部、サッカー部なども盛んな活動をしています。

 

金沢医科大学の建学の精神は、良医を育てること、知識と技術をきわめること、社会に貢献するという三つからなっています。特に、知識と技術をきわめるという部分は今後の医療の発展において非常に大切な分野ですから、是非多くの学生が医学の知識と技術を究めることができるように、教育を与えていって欲しいと願います。


スポンサード リンク