関西医科大学 偏差値

関西医科大学の偏差値状況

関西医科大学の近況の偏差値は、偏差値63程度と医科大学の中では中堅クラスの受験難易度となっています。

 

偏差値レベルから判断すると、私立大学の医学部では偏差値50代も多くあるので、高い偏差値レベルを保っている医科大学といえるでしょう。


関医の特徴

関西医科大学,偏差値,学費,学園祭,法医学

関西医科大学は、大阪府守口市文園町10-15に本部を置く日本の私立大学で、1947年に設置された大学です。関医(かんい)の略称で親しまれてきました。

 

西医科大学の6年間の学費は3000万円程度となっています。私立大学医学部の学費の中では平均より少し高い学費のレベルとなっています。

 

関西医科大学は1928年に当時西日本で唯一の女子医育機関であった大阪女子高等医学専門学校として創設されてのが始まりです。現在の関西医科大学となってからも、慈しみ、めぐみ、愛を心の規範として生きる医人を育成することを建学の精神とし、日本の医療に貢献してきました。

 

特に、法医学面での貢献や心療内科の貢献は大きいものがあります。現在日本国内の医学部で心療内科を講座として開講している医学部は、東京大学東邦大学、関西医科大学、九州大学鹿児島大学の5大学のみとなっていますから、心療内科での貢献は計り知れません。

 

さらに、小児科は大阪女子高等医専時代よりいち早く開講されており、新生児医療の草分け的な存在の一つとなっています。

 

関医受験生へのアドバイス

歴史のある医科大学は、日本の様々な医療の発展に大きく関係しています。関西医科大学は、その中でも大きな役割を担ってきた大学です。

 

キャンパスライフも充実していて、「霜月祭」と呼ばれる学園祭が、毎年11月初旬の3日間、牧野キャンパスにておこなわれたり、学生がほとんどバスケなどのサークルに入るといった楽しい学生生活が送られているようです。是非受験生は、受験の前に一度学園祭を体験し大学の雰囲気を感じておくとよいでしょう。


スポンサード リンク