川崎医科大学 偏差値

川崎医科大学の偏差値状況

川崎医科大学の近況の偏差値は、偏差値54程度と医科大学の中では特に低く受験難易度としては易しいといえます。

 

難関な国公立の医科大学と比較すると、首都圏にありながら偏差値レベルとしては低いので、医科大受験の狙い目の大学といえるでしょう。


川崎医科大学の特徴

川崎医科大学,偏差値,学費,川崎医大,学園祭

川崎医科大学は、岡山県倉敷市松島577に本部を置く日本の私立大学です。神奈川県の川崎と勘違いされがちですが、本部は岡山県にあります。1970年に設置されてから川崎医大、川大、川崎などと呼ばれて親しまれてきた大学です。

 

岡山市内にある川崎病院を母体に、1970年に設置されました。そして、その後川崎医科大学附属川崎病院となって川崎医科大学の付属施設となりました。川崎医科大学の名前の由来は、創始者の川崎祐宣氏にちなんでいます。

 

そして、川崎医大の学費は4500万円となっており、私立大学の医学部としてもかなり高い学費が求められている大学となっています。

 

特徴としては、全国の医科大学で唯一、附属の高等学校を持っていて、医学部入学以前から医学教育を行っているということです。そして、附属の高校の卒業生の約9割は川崎医科大学へ進学します。

 

先ほど解説したように川崎医科大学の偏差値は54なので、日本の大学の医学部の中では、かなり低ランクの偏差値レベルとなってしまっています。募集や、合格者の人数も考慮する必要がありますが、偏差値的には、学費を準備できればかなり入りやすい医学部という事になります。

 

川崎医科大受験生へのアドバイス

川崎医科大学の学園祭は、川崎学園祭と呼ばれ毎年秋に行なわれていて、ホームページも単独で作られるなど、かなりの盛り上がりを見せています。

 

そして、ラグビーなど部活動も活発に行なわれていますから、多くの学生がキャンパスライフを楽しんでいるという事がわかります。偏差値レベルのアップなどの課題はありますが、川崎医大は中国四国地方の医療に貢献している大学です。


スポンサード リンク