京都府立医科大学 偏差値

京都府立医科大学の偏差値状況

京都府立医科大学の近況の偏差値は、偏差値70程度と医科大学の中でも難易度の高い受験レベルになっています。

 

国公立大学の医学部ですので、受験の際には事前にかなりの努力をして2次試験の受験やセンター試験に挑む必要があります。


京都府立医科大学の特徴

京都府立医科大学,偏差値,京都府立医科大学 偏差値

京都府立医科大学は、京都府京都市上京区河原町通広小路上る梶井町465に本部を置いている、日本の公立大学です。

 

歴史が古く1872年に京都東山の山麓、粟田口青蓮院(天台三門跡の一つ)内に仮療病院が開設されたところまでさかのぼる事ができます。そして1880年に現在地の上京区河原町通広小路上ル梶井町の梶井門跡(同じく天台三門跡の一つ)跡地に療病院が移転され、1903年に専門医学令による京都府立医学専門学校となり、1921年に大学令による京都府立医科大学が設置されたというわけです。

 

このような長い歴史が京都府立医科大学にはありますから、偏差値も70と非常に優秀な生徒が集まる大学となっています。

 

そして、京都府立医科大では、バトミントンや弓道やラグビーなどのサークル活動が盛んに行なわれています。特に、バトミントンは大会で優勝するほどの実力をもつ部活となっています。さらに弓道部のための弓道場も大学にはあり、文武両道の精神をまさに体現しています。

 

なお、京都府立医科大学の学園祭は「トリアス祭」と呼ばれ、創立記念日の11月1日前後に行われます。 主に医学科4回生と看護科2回生から組織されるトリアス祭実行委員会によって主催され、学生生活の思い出作りに貢献しています。

 

京都府立医科大受験生へのアドバイス

医師になる人には、心身ともに健康である事が求められます。体が弱くても精神が弱くても医師というハードなそして、ストレスの多い仕事は勤まらないでしょう。ですから、大学の教育でも健康な心身を育てるような教育が求められてきます。

 

京都府立医科大学は、偏差値レベルが高いだけではなくて、サークル活動への支援も積極的に行なう、まさに文武両道を支援する医科大学となっています。


スポンサード リンク