奈良県立医科大学 偏差値

奈良県立医科大学の偏差値状況

奈良県立医科大学の近況の偏差値は、偏差値68程度と医科大学の中でも難易度の高い上位の受験難易度となっています。

 

奈良県立医科大学は偏差値レベルから判断すると、国公立大学の医学部の偏差値の中でも、ハイレベルで、東大 偏差値(理工学部)と同じレベルとも言われています。


奈良県立医科大学の特徴

奈良県立医科大学,偏差値,部,水嶋ヒロ,学園祭

奈良県立医科大学は、奈良県橿原市四条町840番地に本部がある日本の公立大学である。1947年に設置された大学で、創立されてから奈県医、県立医大、奈良医大などの略称で地域の人に親しまれてきました。そして、奈良県での、医療の発展に大きく貢献している大学です。

 

奈良県立医科大学は、2004年より医学部看護学科も設置されていますし、奈良県で最初に助産学科を開設した大学として有名です。大学の基本理念は、「医学、看護学およびこれらの関連領域で活躍できる人材を育成するとともに、国際的に通用する高度の研究と医療を通じて、医学および看護学の発展を図り、地域社会さらには広く人類の福祉に寄与すること」となっています。

 

奈良県では唯一の医学部として注目されています。奈良県は、医師数の不足もあり附属病院は慢性的な混雑して多忙となっています

 

奈良医大受験生へのアドバイス

奈良県立医科大学のキャンパスライフは非常に充実しているようです。野球部やサッカー部も活発な活動をしていますし、学園祭も毎年盛り上がっています。

 

学園祭では、有名人を招待してトークショーが開かれたりと、学生の勉学の励みとなっています。以前の学園祭では、今注目されている水嶋ヒロさんもトークショーを行なったという事です。楽しみながらも奈良県の医療に貢献できるよう多くの学生が一生懸命勉学に励んでいます。


スポンサード リンク