大阪医科大学 偏差値

大阪医科大学の偏差値状況

大阪医科大学の近況の偏差値は、偏差値64程度と医科大学の中では、標準からやや高い難易度の受験レベルとなっています。

 

難関な国公立の医科大学と比較すると、首都圏にありながら偏差値レベルとしては、比較的狙い目の大学といえるでしょう。


大阪医科大の特徴

大阪医科大学,偏差値,鈴木優,看護,サッカー部

大阪医科大学は、大阪府高槻市大学町2-7に本部を置く日本の私立大学です。1946年に設置され、大医(だいい)と呼ばれ親しまれています。ちなみに、前身は1927年に創立された大阪高等医学専門学校となっていますから、そこまでさかのぼるとかなりの歴史のある大学だと言えます。

 

大阪医科大の6年間の学費は3100万円程度となっていますが、2009年度から、一次試験で100位以内の成績をおさめて入学した学生は、初年度納入金のうち342万円が減免されるという制度が導入されています。

 

また、大阪医科大学の特色はたくさんあります。例えば、大阪医科大学の法医学教室では、日本政府からキム・ヘギョンさん(日本の拉致被害者、横田めぐみさんの娘)と、キム・ヨンナムさん(韓国の拉致被害者)のDNA鑑定の依頼を受けました。そして、2人の間には97.5%の確率で血縁関係があるとの結果を出した事で知られています。

 

便利な学費返済制度

さらに、大阪医学大学は、2009年12月1日にオリエントコーポレーションと提携し、学費を学生が払いやすいような制度を設けました。

 

学納金をオリエントコーポレーション社が立て替えることで、毎月分割で支払うことが可能な学費クレジット「ドクター奨学プラン」(医学部向け)が開始されました。さらに、看護学部に向けた「学費サポートプラン」の取り扱いも開始されました。

 

大阪医科大の受験生へのアドバイス

ここまで解説してきたように、学生の事を考えた細かい制度を設けているのが大阪医科大の大きな特徴であるといえます。なので、学生生活ではサーカー部などのサークル活動も充実し大学生活を楽しむことができる環境が整えられています。また、キャンパスクイーンなども選ばれて、鈴木優さんが現在のキャンパスクイーンとなっています。

スポンサード リンク