埼玉医科大学 偏差値

埼玉医科大学の偏差値状況

埼玉医科大学の近況の偏差値は、55程度の偏差値レベルになっています。

 

私立大で55の偏差値クラスということは、医科大のカテゴリーでは、比較的易しい部類の受験レベルになっています。医学部としての偏差値は低い感じを受けますが、人気が低いというわけではありません。

 

私立の医学部を目指すことは、国公立の大学の医学部を目指すよりは優しいと言われています。もちろん大学にもよりますが、埼玉医科大学のように、入学難易度は医学部としては低く、高い学費を払える開業医の子弟が願書をもって集まってくる大学もあるのです。


埼玉医科大学の特徴

埼玉医科大学,偏差値,医学部,埼玉医科大学 偏差値

埼玉医科大学は、埼玉県入間郡毛呂山町毛呂本郷38に本部を置く日本の私立大学で、1972年に設置されました。6年間の学費は高額で、4000万円程度と言われています。

 

日本では、性別適合手術を先駆的に行った大学として埼玉医科大学が知られています。また。サークル活動も活発で、水泳部や、アイスホッケーなんかも注目されているようです。

 

埼玉医科大学の歴史を調べてみますと、埼玉医科大学が開学する前まで、埼玉県に大学医学部は存在しなかったようです。そこで、国立大学である、埼玉大学に医学部設置が検討されたのですが、最終的には私立医大設置という結果となり、埼玉医科大学が設置されたのです。


埼玉医科大の研究実績

埼玉医科大学は、数々の実績もあげており、例えば1997年には、関連施設である埼玉医科大学病院小児外科が急性虫垂炎に対する術式ONE-TROCAR法を開発し、注目をあつめました。

 

また、2005年には、やはり関連施設である埼玉医科大学総合医療センター心臓血管外科が、虚血性心筋症の男性患者の心臓組織に、本人の骨髄細胞を移植する再生医療に成功しました。 このように埼玉医科大学は、様々な実績を残し、医学会に貢献しています。

スポンサード リンク