東京医科大学 偏差値

産業医科大学の偏差値状況

産業医科大学の近況の偏差値は、63程度の偏差値レベルになっています。

 

私立大で63の偏差値クラスということは、医科大のカテゴリーでは、標準的な難易度の受験レベルになっています。


産業医科大の特徴

産業医科大学,偏差値,テニス,バスケ,学費,合格発表

医科大学に入れる偏差値を持ちながらも、学費の事で悩んでいる方は多いと思います。そんな悩みを解決する大学が、産業医科大学です。この産業医科大は、福岡県北九州市八幡西区医生ヶ丘1-1に本部を置く日本の私立大学で1978年に設置されました。特に、産業医学振興や産業医養成を目的として設立された大学です。

 

また、産業医科大学は、キャンパスも非常に立派でテニスやバスケなどのサークル活動も活発だという事です。今年度の合格発表は、3月18日となっていますが、医者の卵が産業医科大学から生まれることになります。

 

産業医科大学の学費免除制度

産業医科大学は、学費が条件を満たせば免除されるという事で人気が出て偏差値のレベルもあがっています

 

産業医科大学の6年間の学費は2200万円程度となっていますが、学費から国立大学の入学金および授業料に相当する額を除いた額は貸与されます。

 

さらに、卒業後9年間指定された機関で勤務すればその返還が免除されるというシステムになっているわけです。産業医を要請するという目的にかなった卒業後の進路をとることが求められます。

 

産業医科大学の受験情報

産業医科大学は、私立大学としては唯一、国公立大学共通一次試験を入学試験に利用していました。

 

大学入試センター試験も引き続き入学試験に利用し、国公立大学と同じ日程(前期・後期)で入試を実施していたのですが、平成17年度の入試からは独自日程に移行しました。それが競争倍率が急増した要因となっています。


スポンサード リンク