札幌医科大学 偏差値

札幌医科大学の偏差値状況

札幌医科大学の近況の偏差値は、偏差値66程度と標準的な受験難易度のレベルになっています。

 

また、公立大学医学部としてみても、標準的な偏差値レベルの高さを保っている大学です。


札幌医科大学の特徴

札幌医科大学,偏差値,札幌医科大学 偏差値

札幌医科大学は、北海道札幌市中央区南1条西17丁目に本部を置く日本の公立大学で、1950年に設置されています。札医大という略称で親しまれており、附属病院は北海道大学病院と共に、北海道の中核的病院に位置づけられています。

 

キャンパス生活においては、水泳部やサッカー部や弓道部などバラエティーにとんだクラブ活動が特徴となっています。

 

札幌医科大学の歴史

札幌医科大学は、北海道の医療を引っ張ってきたとはっきりといえます。1950年に北海道総合開発の一環として、北海道立女子医学専門学校を前身として札幌医科大学が創設されました。北海道の開発の一つの柱として大学は機能してきたのです。

 

そして、1968年には、併設される大学病院で和田寿郎氏らにより日本初の心臓移植が行われました。さらに、2002年には、北海道初の高度救命救急センターが設置されました。このようにして、札幌医科大学は、北海道、そして日本の医療の進歩に貢献してきました。

 

また、札幌医科大学は、国際交流も積極的に行なっています。フィンランドのヘルシンキ大学、トゥルク大学、オウル大学、タンペレ大学、クオピオ大学や、カナダにあるアルバータ大学やカルガリー大学とも交流があります。中国の中国医科大学や佳木斯大学、アメリカ合衆国のマサチューセッツ州立大学とも交流を持っています。

 

札幌医科大受験生へのアドバイス

最近の医学部受験の傾向では、前年度に志願者が多く、難関とされた医科大学が、翌年の志願者現象の傾向がありますが、標準的な偏差値レベルの札幌医科大学の場合は、安定した受験レベルといえそうです。

 

医療は、常に進歩し続けますから、医療において国際的な交流は非常に大切なものとなります。札幌医科大学では、しっかりとした外部との交流をもち続け、北海道での医療を進歩させて来た大学といえます。


スポンサード リンク