聖マリアンナ医科大学 偏差値

聖マリアンナ医科大学の偏差値状況

聖マリアンナ医科大学の近況の偏差値は、偏差値55程度と医学部の中では低いレベルとなっています。

 

難関な国公立の医科大学などが多い医科大のカテゴリーの中では、偏差値レベルとしては比較的難易度の低い大学といえるでしょう。


聖マリアンナ医科大学の特徴

聖マリアンナ医科大学,聖マリアンナ,偏差値,ブレスト

聖マリアンナ医科大学という大学名の聖マリアンナという部分を見ればおおかた予想がつくようにキリスト教系の医科大学です。

 

聖マリアンナ医科大学は、昭和46年に明石嘉聞博士によって東洋医科大学の名で創立・開学しました。そして、附属病院や看護専門学校や大学院など付帯施設が次々と併設されてきました。

 

聖マリアンナ医科大の研究機関

乳がん等に特化した診療施設である、ブレスト&イメージング先端医療センターも併設している大学です。聖マリアンナ医科大学は、あくまでも生命の尊厳を守り、医師としての使命感を自覚し、人類の福祉に貢献できる医師の育成を目指す教育をしています。

 

そんな聖マリアンナ医科大学の建学の精神は『キリスト教的人類愛に根ざした「生命の尊厳」を基調とする医師としての使命感を自覚し、人類社会に奉仕し得る人間の育成、ならびに専門的研究の成果を人類の福祉に活かしていく医師の養成』というものです。

 

一般教育から専門教育にいたるまで細かいカリキュラムを設計されており、医師としての自覚や将来必要となる基本的医学知識、技能、態度の修得を目指しています

 

聖マリアンナ医科大の受験生へのアドバイス
医師になる人に求められるのは、正しい志や他の人への愛情がとても大切だと思います。それがないと、結局お金に目がくらんだり、悪い事に手を貸す医師になる事すらあります。そんな医師に必要な心の教育も行なっている大学が、聖マリアンナ医科大学です。

スポンサード リンク