滋賀医科大学 偏差値

滋賀医科大学の偏差値状況

滋賀医科大学の近況の偏差値は、偏差値67程度と医科大学の中では受験難易度は高い受験レベルになっています。

 

国公立大学の医学部の偏差値の中で考えても、国立大で67の偏差値クラスということはかなり難易度の高い受験レベルで、合格難易度の高さは目立ちます。


滋賀医科大のここがポイント!

滋賀医科大学,偏差値,滋賀医科大 偏差値,部,学園祭

滋賀医科大学は、滋賀県大津市瀬田月輪町に本部を置く日本の国立大学で、1974年に設置されてから滋賀医大(しがいだい)という略称で親しまれています。

 

滋賀医科大学は、「地域の特徴を生かしつつ、特色ある医学・看護学の教育・研究により、信頼される医療人を育成すること、さらに、世界に情報を発信する研究者を養成することにより、人類の健康、医療、福祉の向上と発展に貢献する」という精神で教育を行なっています。

 

そして、教育理念は、「豊かな教養と高い専門的知識及び技能を授けるとともに、確固たる倫理観を備え、科学的探究心を有する医療人及び研究者を養成する」というしっかりとしたものです。先に説明したように偏差値は67程度の水準となっていますから、偏差値の高い優秀な学生が集まっている大学です。

 

盛んなクラブ(部活)と学園祭

滋賀医科大では、クラブ活動も盛んです。ハンドボール部やラグビー部などもあります。文科系のクラブもいろいろなバリエーションがあって多くの学生が楽しみながら勉学に励んでいます。

 

さらに、滋賀医科大学の学園祭も学生達の一つの楽しみとなっています。秋に行なわれる学園祭は、「若鮎祭」と呼ばれ、若鮎祭実行委員会が主体となり開催されています。

 

学園祭を通して、地域の方との交流が図られていますし、文化系クラブにとっては日頃の活動成果発表の場となっています。

 

滋賀医科大受験生へのアドバイス

医師という仕事は、人の命を預かるとても大切な仕事です。ですから、医師を育てる医学部を設置している大学には非常に重い責任があるといっても過言ではないでしょう。ですから、しっかりとした理念や教育目標にそった教育が求められています。滋賀医科大学は、しっかりとして教育方針による教育により高い偏差値レベルをキープしている大学となっています。

スポンサード リンク