東京医科大学 偏差値

東京医科大学の偏差値状況

東京医科大の近況の偏差値は、64程度の偏差値レベルになっています。

 

国立大で64の偏差値クラスということは、医科大の中では中堅クラスの難易度の受験レベルになっています。


歴史&知名度の高い東京医科大

医学部はいろいろな大学に設置されていますが、どこも非常に高いレベルが求められます。しかし、人の命を扱う仕事ですから、そう簡単にだれでも行える仕事にしてもらっては困ります。

 

そのために、高いレベルの教育を今後も各大学医学部には行なっていただきたいと願います。そんな中で歴史もあり有名なのが、東京医科大学です。この東京医科大学は、東京都新宿区新宿六丁目1-1に本部を置く日本の私立大学です。

 

東京医科大学という名前からもわかるとおり、医学部のみを有する単科大学として有名です。歴史は古く、創設は1916年(大正5年)にさかのぼります。東医(とうい)という略称で呼ばれることがあります。

 

東京医科歯科大学と混同されることもありますが、東京医科歯科大学は、国立大学で、東京医科大学は私立大学です。学費面ではかなりの差がある事になります。

 

東京医科大学の特徴

世界初のスポーツ医学に関するWHO(世界保健機関)協力センターが開設されたということです。

 

国内外の政府機関、研究機関、学会などと共同で、健康増進、スポーツ医学に関する国際基準づくりやプログラムの作成、研究、情報交換などを行なっています。

 

また、野球やサッカーやラグビーやバスケットボールなど、スポーツを通して、慢性的な運動不足を解消するの重要性を訴えています。スポーツ医学という医学の新分野に興味のある学生は、東京医科大学の願書を手に入れて入学を目指してみるといいでしょう。

東京医科大学関連病院の口コミ

Powered by 口コミ病院検索QLife
スポンサード リンク